【久々に】HG-MSZ-010 ZZ GUNDAM-を作ってみた!!

趣味

 やっぱり楽しいですね!!
何も予定が無い時に、じっくりと時間を忘れて集中できるもの・・・♪
 それが”プラモデル“なのですが、中でも『ガンプラ』がやはり、僕の中では極めていきたい趣味だなと思っています!(^^)!

ダブルゼータガンダム

 そして本日は『機動戦士ガンダムZZ』に登場する主人公機「ダブルゼータガンダム」の素組みに挑戦しました。ガンプラ制作の日々から物凄く遠ざかってたのですが、いつまでも積んでおくのもあれかな?って思って数か月ぶりに組み立てたのです!!

ダブルゼータガンダムとは?

 それではここで『機動戦士ガンダムZZ』について知らない人のために、少しだけストーリー内容をご紹介しておきます。こちらの作品は前作”機動戦士Zガンダム”と”機動戦士ガンダムZZ”を繋ぐプロローグ編で、宇宙世紀編のおさらいや、キャラクター&メカニックの解説。
 クワトロ・バジーナとシンタ&クムによって進行されるモビルスーツクイズなどでシリーズを紹介。 そして『ZZ』の第1話ハイライトとして、グリプス戦役で傷付き、サイド1の1バンチ=シャングリラへ入港しようとするエゥーゴの強襲巡洋艦アーガマの姿が描かれ、主人公ジュドー・アーシタの物語が始まるのです。

制作の手順

 今回は”素組み”での制作なのですが、シールを使わずただひたすらに、説明書を見ながら間違えないように集中して作業を行いました。ゆっくり組んで、4時間ぐらいだったかな?

パーツの確認

 説明書を見終わって確認が終われば、次はパーツが全て説明書通り揃っているか、確認を行います。店舗で買う時は大丈夫とは思いますが、メルカリ等のフリマサイトで買う時は、たま~に袋が開封されてる時があるので、パーツだけはよ~く確認しているシゲちゃんです!!

 お部屋に飾る場所も限られる事から、僕は基本、ガンプラを組む時は”HG(ハードグレード)”や”RG(リアルグレード)”を組み立てるようにしています。HGの1/144スケールの大きさって、以外と小さいですから、物によっては本棚やCDラックの上などに飾っておけるので、ちょうど良いサイズです。

素組み制作

 こちらのキットは劇中でもお馴染みの”Gフォートレース“や”コア・トップ“等に変形するのですが、変形させてる途中にパーツ破損をしてしまう僕は慣れてませんから、もう一機同じキットを購入して、Gフォートレース変形用に、制作してみようと思います!!

まとめ-塗装するの?-

 日々のガンプラ制作における僕の最大の課題・・・!!それは「塗装をちゃんと色分けして丁寧に行う事」なのですが、今回も今回で、どんな風に色分けするか、悩んでいます。僕も今まで色んな塗料を使って来ましたが、安全を考えて『水性塗料』で塗装すると決め、メーカーは使いやすい”アクリジョン“さんや”シタデルカラー“の塗料でガンプラライフを楽しんでいきたいと思っております。

 僕がガンプラに目覚めた理由・・・。それは手先を器用にしたいと思ったからです。
本業も農家ですから、手先が器用じゃないと中々出来ない仕事もある訳です!!
 最近、ようやく「少しだけ手先が器用になったんじゃない?」って家族から褒められた事がありました。ガンプラの技術はまだまだにしろ、修行を積み重ねる事で、意外な場所でスキルアップ出来るんだと分かった旬のあの一言は、嬉しかったですね~!(^^)!
 この後、こちらのキットに下地塗装をして、愛着込めて塗っていきたいと思います。
では、本日の更新はココまで!!

コメント

  1. CoccoCan より:

    歯科医師の友人が「趣味がプラモデルで歯科医師になった」と言っていました。
    手先、器用になりますよね!! 楽しく鍛錬できるなんて素敵です♪

  2.  こんばんわ~!!
    歯科医のお仕事も手先が器用じゃないと出来ませんからね!(^^)!
     僕は専業農家なので、物によっては手先が器用じゃなければ使い物にならない事もあるので、手先の器用さのレベルも上げるべく、プラモに専念しております。

タイトルとURLをコピーしました